私が思う効果的なフランス語レッスン活用法

アンサンブルアンフランセのレッスンを受けて一年経ちました。開始時は初級者(A2レベル)だった私のフランス語もDELF B2対策(上級者レベルの試験対策)ができるまでレベルアップし、着実に成長していることを肌で感じる一年間でした。

さて、一年間、毎週レッスンを受講した結果、効果的なレッスン活用法があると分かったので、今日はその方法について書いていきます。

 

desktop-2325627__340

私がレッスンを効果的に活用するためにしていることは、レッスンで学びたいことを事前に考えて、準備しておくことです。

例えば、毎日フランス語に触れていると、「あれっ、この表現ってフランス語でなんていうんだろう?」「2つの単語のニュアンスの違いってあるのかな?」といった小さな疑問がよく湧きます。そういう時、メモに残し、次のレッスンで先生に尋ねることにしています。

最近の質問と言えば、動物に触れた時に使える表現「フワフワだね」。犬を飼っているので、私にとって使用頻度の高い表現なのですが、辞書やネットで調べても解決しなかったので、先生に尋ねると「”C’est tout doux.”というんだよ。」と教えてもらいました。

授業で聞きたい内容を書き留めておくことは、1分もあればできる作業ですが、受講前にこの準備をするかどうかでレッスンの質は大きく変わります。

「何か学べるだろう」と先生に完全にお任せするか、「今日のレッスンで私が主に知りたい内容はコレだ!」と50分間のレッスンで何を学びたいのか明確にした後、レッスンを受けるのか。

私がこの一年間、どちらの学習姿勢も経験して分かったのは、レッスンの学びを実生活に活かすには後者のような主体性が不可欠だということです。

日本で働いていた時、上司に「準備8割。」つまり、成功するかどうかの80%は準備で決まると教えていただいたのですが、このルールはフランス語学習にも当てはまると思います。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます!

応援として、下の画像をクリックして頂けると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

o0352008213935189779 2.jpg
私のブログの読者様が無料体験レッスン後、2週間以内に入会されますと
入会金が無料になりますので、気軽にお試しください♪

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中