間違いやすいフランス語動詞

初級者のころに習ったけれど、いまだに混乱してしまう動詞

apporter” “emporter” “amener” “emmener”

アンサンブルアンフランセの先生に思い切って尋ねてみると、これらの違いを丁寧に教えてもらいました。

beverage-1869598__340

 

先生によると、覚える基本事項は4つあります。

1. “apporter “emporter”の共通動詞porter”の目的語は物

2. “amener””emmener”の共通動詞mener”の目的語は人

3. 接頭語a-が付く動詞 “apporter” “amener”は、目的地に到着するニュアンスが強い

4. 接頭語en-が付く動詞 “emporter” “emmener”は、話し手や聞き手がいる場所から遠ざかるイメージ(接頭語en-は、後に続く動詞がp,b,mで始まる場合、em-に変わる)

 

表にするとこんな感じです。

 

レッスン中、先生の説明を聞きながら、それぞれの例文を考えてみました。

“apporter”→ “Qu’est-ce que je peux t’apporter ?” (ホームパーティーに招待され、主催者に「何か持っていこうか?」と尋ねる時)

“emporter”→”C’est pour emporter ?”(ファーストフード店で店員さんが「お持ち帰りですか?」と尋ねる時)

“amener”→”Qui t’amènera chez toi?” (迎えを待っている友達に「誰が迎えに来るの?」と尋ねる時)

“emmener”→”Nous allons emmener mon chien chez le véto demain.”(「明日、犬を獣医さんに連れて行く」と言う時)

 

これらの例文は、私がよく使ったり聞いたりするフレーズなのですが、このように「この単語を使うシチュエーションはいつだろう?」「この単語をどこで耳にするだろう?」と、自分の日常生活をイメージしながら例文を作ると、覚えにくい単語でも記憶に残りやすいです^^

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます!

応援として、下の画像をクリックして頂けると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

 

o0352008213935189779 2.jpg
私のブログの読者様が無料体験レッスン後、2週間以内に入会されますと
入会金が無料になりますので、気軽にお試しください♪

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中