DELF 自分の意見を10分間話せるようになったワケ

フランス語資格試験DELF B2の口頭表現パートでは、約10分間自分の意見を話すことが課されています。対策レッスンを始めた頃、どう頑張っても5分以上話すことができませんでしたが、最近、安定して10分程話せるようになってきました!

そこで今日は、どのようにして私が10分間話せるようになったのか書いていこうと思います。

business-1209705__340.jpg

 

1.フランス語を話すことに慣れる

5分以上話せなかった理由の一つとして、フランス語で自分の意見を一定時間話すこと経験が少なかった点が挙げられます。一人で論理的に一定時間話すことに慣れるため、アンサンブルアンフランセの先生と話すとき、いつもより長く自分の意見を伝えるように意識し始めた結果、徐々に話せる時間が長くなってきました。

 

2.テーマに慣れる

恥ずかしながら、DELF試験対策を始めるまで、環境問題や教育問題など口頭表現で頻出テーマについて、深く考えたことがありませんでした。知らないテーマについて話せないのはフランス語力以前の問題です。持っている知識があまりにも少なすぎたため、もう既に取り組んだことがあるテーマに関連した記事を読むことにしました。例えば、テレビについて情報収集していると、”La télévision rend-elle violent ? “”La télévision peut-elle encore éduquer ?”など、問題提起に使えそうな記事がたくさん見つかりました。このような関連記事に目を通すと、論点の引き出しが増えるだけでなく、口頭表現で使える単語や言い回しも覚えられるので一石二鳥です。

 

3. いい先生に出会う

今受講している先生は毎レッスン、必ずできている部分を伝えて下さります。また、私のレベルに合わせたスモールステップを用意して下さるので、毎レッスン小さな成功体験を積み重ねながら学習を続けることができました。私が10分間話せるようになったのは、自信をもって発表できるようになった精神面の影響も大きいです。

 

最後に

 

10分間話せるようになった後、次なる課題は「内容」です。

同じ単語や表現を繰り返さないことや、30分で構成を練らなければならない等、まだまだ課題は山積みですが、試験までもう少し時間があるので、焦らず着実に学習を続けていきます☺

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます♪

応援として、下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

 

o0352008213935189779 2.jpg
私のブログの読者様が無料体験レッスン後、2週間以内に入会されますと
入会金が無料になりますので、気軽にお試しください!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中