語学力を人と比較してしまうとき

フランス語学習を始めた頃、自分とフランス語学習歴が近いのに、レベルがあまりにも高い人がいて、焦ったことがありました。

もちろん、人と比べず、自分の成長だけに目を向けることができたら、言うことはないのですが、どうしても周囲のフランス語力が気になって仕方がない場合、どうすればいいのでしょうか?

desktop-3271745__340-1.jpg

 

人は他者と比べた後、以下の3つの行動にでると思います。

 

1つ目はその人の粗探しをする。

これは、英語学習者の間でもあることですが、「文法が間違っている」とか、「ネイティブの発音じゃない」とか。。色々な粗探しを始める人がいます。

 

2つ目は自分を責める。

人と比較した後、「私には語学の才能がない」「年を取りすぎている」とか自分の学習モチベーションを下げてしまう人もいます。

 

3つ目は、学習方法を真似る。

なぜ、その人の学習スピードが早いのか、どういう勉強をしているのか等、徹底的に調べて、その人をロールモデルにする人もいます。人と比較した後にでる3つの行動のうち、もっとも健全なものだと考えます。

フランス語の試験中、人の答えを見るのはダメですが、フランス語学習方法を真似るのは全く問題ありません。

私の場合、学習目的や目指す方向性が同じ方の学習方法を素直に真似るようにしています。例えば、最近取り入れたのはアンサンブルアンフランセ運営FRANCE365の中に書かれていた「DALF C1取得者が効果を実感した3つの自主学習法」。自分の1、2歩先を歩いている人を真似ることで、自己の学習のスピードが増すと考えます。

 

フランス語学習は長い長い旅。自分のこれまで来た道のりを励みにすると共に、誰かの学ぶ姿勢も積極的に取り入れながら続けていきたいです。

 

今日も最後まで読んで下さり、ありがとうございます。

o0352008213935189779 2.jpg

私のブログの読者様が無料体験レッスン後、2週間以内に入会されますと
入会金が無料になりますので、気軽にお試しください!

応援として、下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです(^^)

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

 

広告