意外なフランス語発音矯正法

フランス語学習の目的が会話なら
発音学習は必須

フランス語学習初期
発音を軽んじており
痛い目にあった私

現在、アンサンブルアンフランセの先生に
発音を細かく教えてもらっています

 

これまで様々な方法で
発音矯正してもらいましたが
先週のレッスンでの指導内容は
とっても意外なものでした

coffee-2390136_960_720 2

 

声の高さを変えてみる

 

先週のレッスンで
宿題の仏作文を音読していた時

先生に
フランス語は息を吐き続けながら話す言語だけれど
あなたがフランス語を読む時は
息がぷつぷつ切れてしまっている」
と教えてもらいました

 

その後、息の流れを意識して
読み直しましたが
あまり変わらず。。。

 

どうしたものかと思っていると
「なんでもいいから日本語で話してみて」
と先生に言われました

この指示に驚きながらも
15秒ほど日本語で話してみると

次に、先生がおっしゃったのは
「少しだけ声を高めにしながらフランス語を話してみて」

 

その通りにして、もう一度、音読してみると
「あなたの場合、すこし声を高くした方が
ずっと自然なフランス語に聞こえる」

と言われました

 

フランス語は声が低い言語?

 

少し声を高く出す方が
自然なフランス語に聞こえると言われたのは
とても意外でした

なぜかというと
「フランス語を話す時は
日本語より低い声で話さなければいけない」
という先入観があったからです

 

多くのフランス女性が
私の日本語より低い声で
フランス語を話すのを聞き

いつのまにか
フランス語の発音をよくするには
低い声で話す必要があると
思い込んでいました

 

しかし、私の地声は高いため
無理して低い声を出そうとすると
喉に変な力が入り
息を出しながら話せません

 

私の日本語を聞いた先生は
すぐ、このことに気づかれたようです

 

これまで
自然なフランス語を話そうと
意識的に声を低くしていたことが
完全に逆効果!

 

大事なのは
息を出しながら話すことであり
声の高低は関係ないと知りました

 

最後に

 

今回のレッスンで実感したのは
先生の必要性です

特に発音学習は自己流で行うと
私のように逆効果になることもあるので
プロの先生による指導は不可欠だなと思います

 

今日も最後まで読んで下さり、ありがとうございます

o0352008213935189779 2.jpg

私のブログの読者様が無料体験レッスン後、2週間以内に入会されますと
入会金が無料になりますので、気軽にお試しください!

応援として、下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです(^^)

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

広告