掛け替えのない学習応援ツール

過去のフランス語学習を振り返ると「最初からしておけば良かったこと」が沢山あったのでこれまでのブログ記事で書き残してきました。

 

発音→#48 フランス語会話で、最も重要だと思うもの

文法学習→#60 文法学習は自己中心主義

初級の単語暗記→#30 バランスが悪かった私のフランス語単語学習

 

 

しかし、過去の行動の中には「現在の学習に役立っているもの」もあります。それは自分のフランス語力の記録です。

 

coffee-2242231_960_720

 

約3年前のフランス語力

 

自分のフランス語力を記録に残しておくことの重要性に気づいたのは、昨朝、あるカードに書かれている文字を見たとき。

それが、こちら

スクリーンショット 2018-06-27 12.22.44
これは初めて訪日する夫を出迎えるために空港の入国ゲート前で手にしていた私の手作りカードです。このカードに書いたフレーズ、正しい表記は”Bienvenue au Japon”ですが、見事に間違えています!!!

 

このカードを作ったのは2015年の夏

まだ学習を始めておらず、このような簡単なフランス語でも全てGoogle翻訳アプリに頼っていた頃でした。当時の私が、フランス語に関して何も知らなかったことを証明しています。

 

自分の成長を実感できる記録

 

これを見つけた瞬間、このカードを残しておいてよかったと思いました。なぜかというと私自身の成長を実感できたからです。

初級者の場合、学習内容は初めて知ることばかりなので成長度は常に右肩上がりですが、知識が増えるにつれて、上達のスピードは徐々に緩やかになり「なぜ、フランス語力がもっと伸びないのか」なんて不安になりがちです。

 

そのため、フランス語と共にというブログの中で、アンサンブルアンフランセ講師のHiroko先生がおっしゃっているように、中級者以上になると、昨日ではなく、半年前、1年前というように少し前の自分と比較することが大事だと思います。

 

とは言っても、過去のことってなかなか思い出せないものですよね。

 

そこで役立つのが、自分のフランス語の記録です。

記録の形は、日記でも、音声でも、手紙でも、どんな形でもOK^^

 

私が残している別の記録といえば、日記です。例えば、2016年6月2日に書いたものを読んでみると「雨が降っている」という文章を2回も書いていますね。
img_4378
なぜ2回書いているかというと、この頃の私、フランス語で天気の話しかできなかったため。。。フランス語力以外に、表現力にも大きな課題があったことは一目瞭然です。

 

しかし、私の記録のように、本当に未熟なフランス語でいいので残しておくと、その記録は、少し後から振り返った時、過去の自分が現在の自分の学習を励してくれる掛け替えのないオリジナルのフランス語学習応援ツールに変わっていると思います!

 

今日も最後まで読んで下さり、ありがとうございます

o0352008213935189779 2.jpg

私のブログの読者様が無料体験レッスン後、2週間以内に入会されますと
入会金が無料になりますので、気軽にお試しください!

応援として、下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです(^^)

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

 

 

広告