落ち込んでいた時に学んだこと

先日、フランスに来て初めてと言っていいくらい、とてもショックなことがありました。これからフランスに住み続けられるのかすら悩んでしまうほど落ち込んでいたのですが、最近、ようやく立ち直れたので今日はそのことについて書いていこうと思います。

girl-865304_960_720

 

落ち込んだ原因

 

ことの発端は、お仕事

私のリスニング力が低すぎて、日々のミーティング内容がほとんど聞き取れなかったためです。

「フランスで働ける語学レベルじゃなかった。。」

「もっとフランス語を上達してからじゃないと働けないんだな。。」

「ということは5年後、いや10年後?」

「フランス語を使わない仕事に変えたほうがいいのかもしれない。」

「もう日本に帰ったほうがいいのかな。。」などと、自分を更に追い込むような考えがどんどん浮かんできてしまっていました。

 

「失敗」か「経験」か

 

落ち込んでいた時、アンサンブルアンフランセの先生方や周りの人に言われたのは

「経験できてよかったじゃない」

「なにか損害を与えるようなことをしてしまったら失敗かもしれないけど、今回のように働くなかで上手くいかなかったことは失敗ではなく、次に活かせるいい経験だよ」

「最初から完璧にできる人なんていない。一番大事なのは、この経験を次に活かすこと」

 

私がひどく落ち込んでしまったのは、「上手くできなかった」=「失敗」「ゲームオーバー」というように考えていたからです。しかし、私が前向きになれるようなアドバイスを沢山聞いていると、少しづつ気持ちが楽になってきました。

 

落ち込んだ時のフランス語学習

 

かなり落ち込んでいた時、頭の中で占めていた言葉は「たら」「れば」

「もし、〜だったら」や「あの時、こうしていればな」と、今更どうしようもない過去の選択に後悔ばかりしていました。

しかし、様々な人に「この経験は次につながる」と励まされると、次第に「落ち込み続けても何も変わらないから、何かを掴んで立ち上がろう」という気持ちになり

突然ハッと閃いたのが、条件法過去の勉強です。

“Si j’avais vécu en france dès le berceau, toute chose aurait été plus simple.”

“J’aurais dû étudier le français davantage !” など

モヤモヤしていた時に抱いた気持ちは過去の事実に反する仮定文で表現できるものばかり。その上、自分の感情が伴った文章なので記憶に残りやすい。つまり、条件法過去を勉強するのにベストなタイミング!

あんなに落ち込んでいたのにベストタイミングにもなるなんて、見る視点によって180度状況が変わるものなんですね^^

 

最後に

 

多くの方から為になるアドバイスを頂き、その助言に従って少しづつ行動していると、次のお仕事のチャンスが舞い込んできました。

落ち込んでいた時は「次に仕事を始めるのは、フランス語がもっと上達してから」なんて思っていましたが最近「仕事を経験しながらフランス語も学習したほうが、学びが多い」と考えが変わってきたので、次のお仕事にも挑戦してみようと思います!

 

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます

o0352008213935189779 2.jpg
私のブログの読者様が無料体験レッスン後、2週間以内に入会されますと
入会金が無料になりますので、気軽にお試しください!

応援として、下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

広告