フランスのフリーマーケットを企画運営しました

先日、住んでいる地域で開催されたvide-grenier(フリーマーケット)の企画運営に携わりました。

ミーティング、軽食スタンド会場の設置、飲食物の買い出し、出品者さんへの持ち場案内、軽食スタンドでのサーバー等活動は多岐に渡りました。

coffee-1867429__340

フランス語でvide-grenierの企画準備

 

アンサンブルアンフランセの先生に、この話をした時、J’ai fait un vide-grenierと言ったのですがfaireを使うと「私がガレージセールをした(物を売った)」という意味になってしまうそうです。

私の場合、organiserを使って”J’ai organisé le vide-grenier avec l’association communale de mon village.”と言うと、正確な表現になると教えてもらいました。

 

運営ミーティングでの気づき

 

まず、準備として運営ミーティングに参加しました。ミーティングでは、ただ周りの話を聞いているだけだと誰との目線も合わないのですが、意識的に発言の機会を増やすにつれ、メンバーとのアイコンタクトも増えていきました。

そのアイコンタクトの変化を通して、オーディエンスとして、ただ座っていることに意味はなく発言することによって初めて、運営委員の一員になれると実感し、自ら積極的に発言する重要性に気づきました。

議題に沿った発言をするためには、まず人の発言をよく聞く必要があるのですが、皆が一斉に話すと、話題の中心が何か分からなってくるので、何人で話していても、話についていけるようになるのが今後の課題です。

 

新しい言葉との出会い

 

運営に携わる中で、exposant (出品者)buvette (スタンド)touillette (マドラー)など、普段、使わない言葉に沢山触れました。

冒頭だけでもいいので、何回も思い出すように意識していると、初めは口から出てこなかった単語でも、不思議といつの間にか日常で使えるようになっています^^

 

さて、単語といえば、当日、会場に設置した軽食スタンドで、サーバーをしていた際に、一番苦戦した単語が「生ビール」

というのもune bière, un demi, une mousse, une pression など注文の仕方が人それぞれ違うので全て生ビールの注文だと瞬時に把握するのに、時間を要しました。

 

 

余談ですが

 

フランスといえばbrocanteも有名です。

地域住人の交流の場であるvide-grenierに対し、brocanteは古物売買を職業とする方々が集まる場所だそうです。brocanteには、まだ行ったことがないので、機会があれば、ぜひ訪れて両者の違いを楽しみたいです。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます

o0352008213935189779 2.jpg
私のブログの読者様が無料体験レッスン後、2週間以内に入会されますと
入会金が無料になりますので、気軽にお試しください!

 

応援として、下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中