【フランス語文法】日常会話に役立つ移動を表す動詞

フランスで5月1日といえば”la fête du travail”(メーデー)ですが、別の名前でも知られています。

その名は“la fête du muguet”「すずらんの日」

 

 

4948337lily

 

 

「すずらんの日」の起源

 

1jour1actuの記事によると、5月1日が「すずらんの日」になったのは、シャルル9世が宮廷の全婦人にお守りとしてすずらんを送ったことがきっかけ。

それから今でも一年間の幸せと健康をもたらす花として大切な人に、すずらんを贈る風習が続いています。

 

すずらんを摘みに森へ行く

 

私は毎年、この時期になると、すずらんを探しに森へ行きます。去年咲いていた場所に行き、特徴的な大きな葉っぱを探していると、すぐに見つけることができます^^

 

その話をアンサンブルアンフランセの先生にした時”J’ai cherché du muguet dans les bois.”と言ったのですが、花を摘むために行ったので”Je suis allée cueillir du muguet dans les bois.”の方が、自然だと教えてもらいました。

 

また、この文章では「aller +不定詞」を使いましたが、先生からaller の代わりに他の移動を表す動詞を使うことも可能だと教えてもらいました。

 

例えば、家にいて、飲み物を買いにいこうと思った時に”Je sors acheter à boire.”ということができます。

もちろん”Je vais acheter à boire.”というように近接未来で表すこともできますが、今すぐ買いに出かける時には”Je sors…”の方が時間的に正確な表現だそうです。

 

他にも、財布を探しに2階の部屋へ行く時の表現として”Je monte chercher mon portefeuille.”と、monter+chercherを繋げることができます。

“Je cherche mon portefeuille.” と言うよりも、行動を明確に伝えることができるそうです。

 

今回のレッスンで学んだ表現「移動を表す動詞+不定詞」は日常生活でよく使えるものなのでどんどん使っていきたいです!

 

 

最後に

 

すずらんは小さい花ですが、香りは強く、テーブルに飾っていると爽やかな花の香りが部屋中に広がります。香りからも春の訪れを感じながら、今日もフランス語学習に励みます!

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます

o0352008213935189779 2.jpg
私のブログの読者様が無料体験レッスン後、2週間以内に入会されますと
入会金が無料になりますので、気軽にお試しください!

応援として、下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中