[DELF B2] 口頭表現の課題

先日、アンサンブルアンフランセのレッスンで
初めてDELFB2 口頭表現の発表をしてみました

実際に話してみると
具体的な課題が明確になったので
今日はその話について書いていこうと思います

notebook-3297317_960_720

つなぎ言葉

 

1月に受験したDELF B1の口頭表現対策で学んだ
Tout d’abord, Ensuiteなどの接続表現を
今回の発表でも用いてみたのですが
それだけでは不十分だと気づきました

 

私の発表では
“Première partie, je vais parler des bons côtés de … .”
「最初の部では、…のいい点について話します」
というような
前の話題と次の話題をつなぐ言葉が無かったので
唐突に、話が変わっていった印象だったと
先生に教えてもらいました

 

聞き手にとって分かりやすい発表にするには
話の推移を言語化しながら
論を展開する必要があると学びました

 

時間とアイディア

 

別の課題は
時間管理アイディア不足です

 

今回、準備に2時間半もかけてしまったのですが
本試験での準備時間は30分

一方、
発表中は、たった5分半しか話せませんでしたが
本来の持ち時間は10分間です

 

このように時間管理ができていない
一番の原因は
アイディアがすぐに思い浮かばないこと

その最大の理由は
インプットが足りていないためです

 

DELFB1の時にも直面した
すぐに解決できない、この問題

まずは、自分がすでに取り組んだ話題に関する
知識から増やしていこうと思います

 

最後に

 

レッスン中
話す時のペースが早すぎず遅すぎず調度いい具合だったと
先生に褒めていただきました

自分のできていないところばかりに
焦点を当ててしまうと
疲れてしまうので

自分のできているところも
ちゃんと認めながら学んでいきたいです !

 

応援として、下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

最後まで読んでくださり、ありがとうございます

o0352008213935189779 2.jpg
私のブログの読者様が無料体験レッスン後、2週間以内に入会されますと
入会金が無料になりますので、気軽にお試しください!

広告