フランスの自動車教習所

日本で取得した免許証を
フランスのものに切り替えたのですが
長い間、運転していなかったので
フランスの教習所で
ブラッシュアップすることにしました

vw-camper-336606_960_720.jpg

 

辞書が使えない状況で、知らない単語を理解するには?

 

先日
DELF B2対策レッスン中
アンサンブルアンフランセの先生に
辞書を使わなくても理解できる場合もあるから
わからない単語が出てきたら
一度、その単語を分解してみなさい

教えてもらいました

このテクニック
DELF試験だけでなく
車の運転中など辞書が使えない状況下で
とても役立っています

たとえば、ある日の講習で
教官に”Faites demi-tour !”と言われた際

demi-tour“という単語の
意味を知らなかったのですが
先生のアドバイスをはっと思い出し
単語を分解して考えてみると
demiは半分、tourは一周という意味だから
faites demi-tourは半周しなさい
つまり、Uターンしなさいという意味だと理解できました

 

教官との会話で意識していること

 

教官とのフランス語での会話中に
一番意識していることは

「理解したかどうか自分の言葉で伝えること」

 

例えば、
「右左折時は
Contrôler(周囲を点検),
Informer(周囲にウインカーで伝える),
Agir(そして、右左折する) の順番を必ず守ること」

と教えてもらった時

これらの行動がなぜ必要なのか
その根拠も理解しましたよという意味で
“Pour notre sécurité”と伝えました

というのも
“Oui”や “D’accord”と言って、ただ頷いているだけだと
“Est-ce que vous me comprenez?”や”Ça va?”と
不安そうな顔で聞かれることが
何度かあったからです

「相手の言っていることを理解している」と伝えるためには
“Oui”や “D’accord”という一言ではなく
話を付け加えたり
自分の言葉で言い換えたりすることが
必要だと学びました

そうすると
教官から”Tout à fait !” や “C’est ça.”という言葉が返ってくるだけでなく
その後の会話の流れがとても良くなることを
肌で感じています

 

最後に

 

車の運転だけでなく
コミュニケーションの勉強にもなっている
ブラッシュアップ講習
ほんのわずかの期間ですが
しっかり身に付けたいです!

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます^^

o0352008213935189779 2.jpg
私のブログの読者様が無料体験レッスン後、2週間以内に入会されますと
入会金が無料になりますので、気軽にお試しください

応援として、下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

広告