Pause Café avec moi

フランス語のことわざ

先日、フランス語資格試験DELF B2の問題集を通して、フランス語のことわざを3つ学びました。

 

1. Les petits ruisseaux font les grandes rivières.

 

直訳すると、「小さな流れが大きな川になる」、辞書では「塵も積もれば山となる」という訳が書かれています。

北鎌フランス語講座では「小銭も集まれば大金になる」「倹約して貯蓄をすれば大きな財産ができる」など、主に金銭関係の意味で使われると書かれていました。

この諺を使った私の文章

En matière d’économie d’énergie, la somme des initiatives individuelles peut rapidement avoir des effets non négligeable. Chaque activité quotidienne a une influence sur notre environnement. En d’autres termes, 《Les petits ruisseaux font les grandes rivières.》

2. « Qui trop embrasse mal étreint. »

日本語で近い表現を探すと「二兎を追う者は一兎をも得ず」

北鎌フランス語講座によるとQuicelui quiの省略で「〜な人は」という意味だそうです。embrasseは当時「(物事を)企てる、着手する」という意味でも使われていたそうで「Qui trop embrasse」は「多くのことを企てすぎる者は」という意味にも理解できると書かれていました。

この諺を使った私の文章

La multiplication des disciplines et des objectifs est jugée responsable des lacunes de beaucoup d’élèves en lecture et en calcul. Qui trop embrasse mal étreint :  la quantité n’a pas toujours d’action sur l’acquisition des connaissances.

3. »C’est en forgeant qu’on devient forgeron »

日本語の諺で近いものを探すと「習うより慣れろ」

先ほど紹介したサイトの文法解説によるとこの諺は« en forgeant »« C’est ~ que… »によって強調された 強調構文でforgeronは、devenirの後ろにつく属詞で形容詞的に使われてるので無冠詞です。

この諺を使った私の文章

Les exigences des recteurs quant à l’expérience des candidats ne sont pas toujours fondées. Il peut arriver que l’on travaille dans certains postes que l’on connaît peu. Cependant, il n’est pas nécessaire de s’inquiéter parce que l’on peut dire que 《C’est en forgeant qu’on devient forgeron.》

まとめ

DELF B2の問題集には「口頭表現で諺を上手に使ってみよう」と書かれていたのですが、私にとっては、かなりハイレベル!

アンサンブルアンフランセの先生も、もし意味を間違えて使ったら文章が理解できていない印象を受けるとおっしゃっていたので、まずは理解できる諺のストックを増やしていきたいなと思います(^^)

最後まで読んでくださり、ありがとうございます

o0352008213935189779 2.jpg

私のブログの読者様が無料体験レッスン後、2週間以内に入会されますと

入会金が無料になりますので、気軽にお試しください

応援として、下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです(^^)

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

にほんブログ村

Publicités