[DELF B2] Problématiqueのセンスを磨け !

※2018年3月2日に公開した記事ですが、一部修正・必要な文言を追記して2018年3月3日に再度公開しました

 

フランス語資格試験DELF B2は
先月受けたB1に比べ
難易度がぐっと高くなったと実感します

 

今日は、私が苦戦している
口頭表現について
話していこうと思います

 

coffee-3200073__340

 

DELF B2 口頭表現では
まず、短い文章を読み
自分の意見を10分で述べるのですが
その中に必ず、問題提起を入れなければいけません

この問題提起が
元の文章の主題から、かけ離れていると
試験官に文章の理解ができていないとみなされますし

自分が議論を展開しにくい問題提起にすると
10分間で話すことができなくなるので
一番よく考えなければいけない部分です

 

タイトルだけで決めてはいけない

 

問題提起のヒントになるのはタイトルです

しかし、文章を読まずに
タイトルだけで問題提起を決めるのは要注意

文章のタイトルは同じでも
問題提起の内容は異なることがあるためです
(Réussir le Delf B2 P.108-109に
これに関する練習問題が載っています)

 

私の課題

 

私の課題は
話を10分間続けることができる問題提起を選ぶこと

 

例えば、男女雇用均等の文章では
“Est-ce que c’est possible d’avoir un salaire égale entre hommes et femmes ?”
「男女間で賃金の平等は可能か?」
としてしましたが、よくよく考えると
「可能かどうか」で、話を広げるのは
ちょっと無理がありました。。。

アンサンブルアンフランセの先生にも
“Pourquoi l’inégalité salariale continue malgré les lois ?”
「法律があるにもかかわらず、なぜ賃金の不均等が続いているのか」
に変えた方がいいんじゃない?と
教えてもらいました

 

センスを磨け!

 

DELF B2 の口頭表現は
語学試験というよりも
思考センスの試験のように感じます

答えの丸暗記をしても意味がなく
一朝一夕には身につかない、このセンスを磨くには
場数を踏むのと同時に
議論が続けられるような知識を
身につける必要があるようです

 

今日も、最後まで読んでくださり、ありがとうございます

o0352008213935189779 2.jpg
私のブログの読者様が無料体験レッスン後、2週間以内に入会されますと
入会金が無料になりますので、気軽にお試しください

応援として、下の雪だるまをクリックして頂けると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

 

広告