最初に覚えたフレーズ

今日の最低気温は−11度
頬に触れる風が冷たいを通り越して、痛く感じます(><)

こんな日は、温かいコーヒーを飲みながら
ブログを書くに限りますね(^^)

さて今日は、私が最初に覚えたフランス語のフレーズについて
話していこうと思います

 

 

coffee-2588097__340.jpg

 

 

“Je voudrais aller aux toilettes “

 

「トイレに行きたいのですが」
これが、私が最初に覚えたフランス語のフレーズです

トイレに行くたびに思い出すようにしていました

当時、条件法を知らなかったのですが
毎日使う表現だったから覚えられたんだと思います

 

ちょっと直接的?!

 

最近、アンサンブルアンフランセの先生に
条件法について教えてもらいました

その際、この話をすると
「もう少しオブラートに包んだ言い方をした方がいい時もあるよ」
と言って、以下のフレーズも教えてもらいました

 

“Je vais me raffraichir.”

“Je reviens tout de suite.”

“Je vais aux petits coins.”

 

状況に応じて使い分ける

 

例えば、日本語でも
「ちょっと、トイレ」という場合もあれば
「お化粧室に行ってきます」とか
お手洗いはどちらですか?」のように
ソフトな表現を使用する場合があります

フランス語でも同じように
“toilette”いう表現を使って、問題ない場合もあれば
周りの人をびっくりさせてしまう場合もあるそうなので
状況に応じて言い方を変える必要があると学びました

 

焦らず、一つづつ

 

今回のように、いくつも言い回しがある場合
思い出す機会が少なかったり
印象に残らない覚え方をすると
一度に全て覚えようとしても
結局、虻蜂とらずに終わる場合も。。。

そのため、一つ習得した後に
別の表現を使って言い換えるようにしています

ちょっと時間のかかる方法なのですが
頭の引き出しに自分が使える表現として
しっかり入っていく感じがします

 

 

今日も、最後まで読んでくださり、ありがとうございます

o0352008213935189779 2.jpg
私のブログの読者様が無料体験レッスン後、2週間以内に入会されますと
入会金が無料になりますので、気軽にお試しください

応援として、下の雪だるまをクリックして頂けると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

広告