Pause Café avec moi

最近、作文でよく間違えること

最近、アンサンブルアンフランセの先生に
フランス語作文を添削して頂きました

お題は「インフルエンザについて」

今回は、その作文の中で
私が間違えてしまったことについて書いていきます

 

s_coffee-2306471_960_720

 

主語と動詞が一致していない

 

インフルエンザワクチンが効かない理由のひとつに
ウイルスの遺伝子変異が起こりやすいことが挙げられます

その説明をしたかったのですが
« La grippe varie souvent son gène. »
「インフルエンザウイルスが遺伝子を変える」
というおかしな文章を書いてしまいました

 

ウイルスが直接、遺伝子を
変化させるわけではないので
« Le gène de la grippe varie souvent. »
が正しいと教えてもらいました

 

私はフランス語作文を書いたとき
主語と動詞が一致していないことがよくあるので
文章を見直す時に
「主語」として書いた名詞が
アクションを起こす側なのかどうか
注意していこうと思います

 

表現の違いが理解できていない

 

理由を表す表現は色々ありますが
それぞれ違いがあることを理解できていませんでした

「その理由から。。。」という書き出しに
何気なく »en raison de cela » を使ったら
先生に、表現が堅すぎておかしいよと教えてもらいました

今回書いた文章は、ただの作文なので
« C’est pourquoi que… »
« C’est pour cela que… »
で十分だそうです

日本語でも
プライベートでよく使う言葉と
仕事で使われる言葉が違うように

フランス語でも
状況に応じて使う言葉が変わるため
書いている文章が
カジュアルなものかフォーマルなものかを
意識し、言葉を選ぶ必要があるんだなと
気づきました

また、新しい単語や表現を覚える際も
どういうニュアンスで使われるものなのか
も踏まえて覚えようと思います

 

書きながら気づくこと

 

単語や文法を覚えていることと
実際に自然な表現として書けることは
まったく別物ですね(^^;)

 

覚える

書く

間違える

理解が深まる

を繰り返して
少しずつ正確な表現が身につくようになると思うので
引き続き、間違えても落ち込まず
書き続けていこうと思います

 

今日も、最後まで読んでくださり、ありがとうございます

o0352008213935189779 2.jpg
私のブログの読者様が無料体験レッスン後、2週間以内に入会されますと
入会金が無料になりますので、気軽にお試しください

応援として、下の雪だるまをクリックして頂けると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

Publicités