フランスで職探し

アンサンブルアンフランセの先生に
DELF B1を受ける理由を聞かれた際
「合格後、働きたいからだ」と答えていました

先月、晴れて合格し
そろそろ働けそうと思ったので
最近、職探しの準備を進めています(^^)

cup-2752105__340.jpg

フランス語が話せないと働けない

 

「フランス」といっても様々で
地域や職種によっては
英語や日本語を使える仕事もありますが
私の地域や、希望している職種では
フランス語が必須

会話が成立しないレベルは論外なので
とりあえず、独り立ちできるレベル
DELF B1を目指していました

 

周りの反応が変わった

 

同じDELF B1合格者でも
口頭表現が5点と25点に近い点数の人では
会話力が違うのは明らかです

そのため、DELF B1以外で
会話力が働けるレベルかどうか
測る指標にしていたのは
周囲の反応でした

 

フランスに来た当初
「働きたい」と周囲に伝えた時
返ってきた答えは全て
「まだ無理だと思う、
焦らなくていいから話す練習をしなさい」

 

それが、DELF B1を受ける頃になると
「希望してた職種って〜系だよね?
そういえば、〜で仕事探してたから、応募してみたら?」と
具体的なアドバイスをもらうことが増え
働くための準備段階に入ったと実感しました

 

CVとLettre de motivation

 

仕事を探す時に必要な
CV(履歴書)とLettre de motivation(志望動機書)

予備知識が一切なかったので
一見難しそうに感じたのですが
インターネットで
”Comment faire un CV ?”とか
「モチベーションレターの書き方」
と調べると、すぐに必要な情報が見つかりました

“Veuillez agréerMadame, Monsieur,
l’expression de mes sentiments distingués”
なんて、実際に書くことは稀なので
この機会を利用して、しっかり覚えたいです

 

ちなみに、志望動機書は手書きか、パソコンか
どちらが正解なのか分かりませが
ネット情報だけでみると
手書きの方はデメリットが多いようです

 

肝心なのは、これから

 

仕事が決まると
ライフスタイルが変化します

勉強時間はもちろん短くなるだろうし
ブログも、これまでのように
毎日更新はできなくなるかもしれません。。。

また、外国語を使って仕事をした経験がないので
未知なる世界にドキドキします!

 

まず最初の関門は
面接に辿り着けるかどうか

かなり緊張しますが、何事も挑戦あるのみ!

職探し、頑張ります(^^)

 

今日も、最後まで読んでくださり、ありがとうございます

o0352008213935189779 2.jpg
私のブログの読者様が無料体験レッスン後、2週間以内に入会されますと
入会金が無料になりますので、気軽にお試しください

応援として、下の雪だるまをクリックして頂けると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

広告