【フランス語文法】単純過去は謎だらけ

フランスに引っ越した時
「あれっ、本に書いてあったことと違う。。。」
と戸惑ったことがいくつかあります

そのひとつがタイトルにもある「単純過去」

 

aerial-3253349__340.jpg

 

「小学校では教えていない」説

 

ある有名な本に、単純過去について
「1990年以降フランスの小学校ではこの時制を教えていません」
「大半の教科書では補遺として扱うか、全くこの時制に触れないものが
増えています」
と書かれているのを目にしました

そのため、今の小学生が教わってないなら
重要度が低い文法事項なんだろうと思ってしまったのですが
フランスの小学生が単純過去を習っていないのは本当でしょうか?

 

子供用のDictées問題集には載っている

 

フランスのスーパーにいくと
小・中学生用のDictées問題集がいくつも販売されています

本来どういうタイミングで
使用するものなのかは分かりませんが
小学生に混じって、実は私も取り組んでいます(^^)

IMG_3551.JPG

 

2015年出版のBescherelleを使っているのですが
その中に単純過去の章を見つけました

ずっと「小学校では教えていない説」を信じていたので
CM1 (日本の小学校4年生に相当)から
しっかり2ページ使って
単純過去の問題が載っていることに驚きました

ちなみに、今取り組んでいる
6e (日本の小学校6年生に相当)では
4ページに増えています!

 

1990年以降に出版された絵本にも

 

Dictéesの問題集だけ特別なのかなと思っていたら
出版年が1992年の絵本の中でも単純過去を見つけ
これまた、驚きました!

その絵本は
アンサンブルアンフランセのコラム
でも紹介されている
聖ニコラについて書かれたもの

IMG_3550.JPG

 

半過去だけでなく、単純過去も出てきます

もし、現在、小学校で教えていないとしたら
この本を母親が子供に読む時
単純過去をどのように教えるのか
気になって仕方がありません

それとも、単純過去が使われているものは
読み聞かせする本からは除外するのでしょうか?

 

余談ですが

単純過去は
フランスの小学生の問題集に記載されていますが
私が持っているB1レベルの文法問題集では触れてません

一方で、接続法は
6eから、ちらっと出てくる程度ですが
B1レベルの問題集にはしっかり載っています

「小学生が習うこと」と「フランス語学習者(初級・中級)が学ぶこと」
この違いも、よく分かりません

 

最後に

 

残念ながら小学校に潜入調査することは
できないので、現在、フランスの小学校で
単純過去を教えていないのかどうか謎のままです

この本では「小学校」と書かれていましたが
もしかすると、小学校低学年のことを
指しているのかもしれません。。

 

ただ、たとえ小学校で教えていなかったとしても
今回紹介した子供用の問題集・絵本だけでなく
新聞や小説を読んでいる時にも必ず目にするので
私は習得必須の文法事項として認識しています

 

フランス文法参考書新・リュミエール【増補改訂版】の
直説法単純過去の章を読んでいると、以下の一文が目にとまりました

「われわれが知的にフランス文化に触れるには、欠かすことのできない時称なのです」

単純過去を上手く説明されているなぁと、読みながら頷いてしまいました

 

今日も、最後まで読んでくださり、ありがとうございます

o0352008213935189779 2.jpg
私のブログの読者様が無料体験レッスン後、2週間以内に入会されますと
入会金が無料になりますので、気軽にお試しください

語学学習を応援のため、下の雪だるまをクリックしていただけると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中