DELFB1合格後の変化

DELF B1に合格した後
ちょっとした変化に気づいたので
今日はその話をしようと思います

black-2557553__340.jpg

1. France Info Juniorが分かる!

 

フランス語上達のため、ラジオをよく聞くよう
移民局の方に勧められたので
色々なラジオ番組を聞いていました

その中の一つが
France Info Junior

アンサンブルアンフランセのコラムでも
オススメされている番組です

この番組は
CM1(日本の小学校4年生)から理解できるそうですが
DELF A1に合格した頃は
ほぼ理解できませんでした

唯一分かったのはBonjourのみ。。。

自分のレベルが
フランスの小学生未満である事実に
ショックを受けましたが
意味が分からないフランス語を聞き続けるのは
ストレスでしかなく
このとき一旦、諦めました

しかし、DELF B1合格後
1jour 1actuのディクテを始めたのをきっかけに
改めて聞いてみると
何を話してるのか具体的に分かるようになっていました!

 

2. 仏仏辞典に挑戦できる!

 

学習言語は母国語をなるべく介さず学ぶと
上達が早いという話を聞いたことがあります

そこで、DELF A1に受かった頃から
仏仏辞典にチャレンジしてみたのですが
分からない単語を
更に分からない単語で説明しているので
こちらも、あえなくギブアップ。。。

ずっと仏和辞典を使っていましたが
最近、アンサンブルアンフランセの先生に
「この意味ってどういう意味だと思う?」
とよく聞かれるので
フランス語で説明する力をつけるため
再チャレンジ!

もちろん、全て理解できるわけではありません

しかし、たとえ説明文が分からなくても
同義語をみたら
すでに知っている単語があるので
全く理解できないレベルからは卒業していました

 

3. 思考がDELF化する!

 

語学力向上とは関係ない話ですが
DELF B1合格後
思考が(現実化ではなく)DELF化しています(^^;)

TV5の記事や報道番組をみていると
「この意見に賛成?反対?」とか
「このテーマで口頭表現するとすれば
どういうproblématiqueになる?」とか

ついつい、試験を意識した思考に偏ります

例えば

TV5の記事”Quand les écrans sont une drogue”
であれば

「Introductionは”Est-ce que c’est vraiment malsain pour les enfants d’utiliser l’internet pendant longtemps ?”のように始められるかな?」

というように。。。

 

 おわりに

最後のDELF思考は別にして
レベルが上がるごとに
理解できるものが増えるのは
モチベーションに繋がります

長期間学習していると
自分のレベルが上達していることに
気づきにくくなるので
小さな変化を喜びながら
学習を続けていきたいです

 

今日も、最後まで読んでくださり、ありがとうございます

o0352008213935189779 2.jpg
私のブログの読者様が無料体験レッスン後、2週間内に入会されますと
入会金が無料になりますので、是非お試しください

ポチッと投票ありがとうございます(^^)
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

 

 

 

 

広告