他と違うフランスのスーパーマーケット

アンサンブルアンフランセの先生に教えていただいた
フランス語学習サイトTV5MONDEで
とても面白い記事を見つけました

タイトルは

Un supermarché pas comme les autres

(記事の内容を書いてしまっているので、まだ知りたくない方はご注意ください)

 

この記事の中では
他のお店と異なった運営スタイルをとる
スーパーマーケットが紹介されていました

なにが違うのか?

s_grocery-store-2119702_640 22.12.51.jpg

 

その鍵となる言葉は

bénévole

 

つまりボランティア

本職は、歯科医、看護師、数学教師など様々ですが
このお店では棚卸し、レジ打ち、在庫管理を行います

 

商品を購入するためには
ここで月に3時間
ボランティアをする必要があるのですが

たった8ヶ月間で
すでに900人以上のメンバーが集まっており
大人気のようです

 

自然食品や地元の食材を
取り扱っていることも
魅力だそうです

 

顧客が、そのお店の経営者という
面白い運営をしているスーパー

家の近くにもできたら
ぜひ参加してみたいです

 

ところで、この記事
DELF B1用とDELFB2用の問題がありました

 

レベルによって問題の内容が
どう違うのか?

気になったので、両方解いてみることにしました

はっきりと違いを感じたのは「単語」

 

例えば
DELF B1では
 des client
être à la caisse, gérer les stocks

DELF B2では
des adhérents-clients
tiennent la caisse, gèrent l’inventaire

 

DELF B2になると
すこし複雑な言い回しになると感じます

 

余談ですが

des adhérents-clientsの“adhérent”

どこかで聞いたことがあると思ったら
派生語の“adhérence”

「髪の悩みなら」で有名な会社
「アデランス」の由来となっている言葉でした!

フランス語を勉強していたら
まさか、育毛会社の社名由来まで知ることなんて
思いもしませんでした

 

今日も、最後まで読んでくださり、ありがとうございます

o0352008213935189779 2.jpg
私のブログの読者様が無料体験レッスン後、2週間内に入会されますと
入会金が無料になりますので、是非お試しください

ポチッと投票ありがとうございます!
寒いので雪だるまバナーに変えました(^^)
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

 

広告