学んだ表現を会話で使えるレベルにする方法

わたしはアンサンブルアンフランセのレッスンで、いつも新しい単語や表現を学びます。

会話で使える表現ばかりなので、学んだ表現を会話で使えるレベルにするために、一つ意識していることがあります。

 

それは、覚えた内容をそらんじてみること

 

laptop-1209008__340.jpg

 

 

文字は見ない

 

レッスンを始めた頃の復習方法は、教わった単語や表現を単語帳に書いて、それを何回も見ながら覚える方法でした。

 

この方法、一つ落とし穴が。。。

 

視覚情報に頼っているので、文章を見ながらだと意味を思い出せるのですが、わたしが一番使いたい場面である日常会話では、残念ながら、なかなか思い出せない。。。

 

いつも後から「あの覚えた表現、今日の会話で使えたのに」と悔しい気持ちになっていました。。。

 

わたしは話すためにフランス語を学習しているので、文字を介して思い出す記憶力より、会話中に言いたい表現を即座に思い出す力を鍛える必要がありました。

 

そのため、まず文字を見ながら教わった新しい表現を確認し、その後、何も見なくても思い出せる練習を始めることにしました。

 

この方法を始めたきっかけは?

 

この方法を始めたきっかけは
「東大生クイズ王が「暗記」のポイントを解説します。」

というYoutube動画を見たことです。

動画の中では「暗記のポイント」が3点紹介されていました。

 

1.「覚える練習」より「思い出す練習」がメイン

2.  関連させて覚える、頭の中で想像を働かせる

3. 流れを暗記するのか、正確に暗記するものか分けて考える

 

わたしがこの中で一番使えそうだと思ったのが、2番目のポイント
である「関連させて覚える、頭の中で想像を働かせること」



例えば、ある日のレッスンで”J’ai déjà vécu l’expérience.”という表現を学んだとき、レッスン終了後、このように振り返りました。

このレッスンで学んだ表現は何?

文字で確認

”J’ai déjà vécu l’expérience.”


ここから、なにも見ない


どんな会話をしていて習った表現?

レストランへのクレームについて話していた時

先週行ったお店でも同じ経験したと伝えたかった

でも言い間違えた

先生に正しい言い方を教えてもらった

そのフレーズが
”J’ai déjà vécu l’expérience.”やったな
(先生との会話を思い出しながら、声に出して言ってみる)

 

始めのうちは、うまく思い出せず文字に頼ってしまうのですが、最終的に文字を見ずに新しい表現を思い返すことができるまで何回も繰り返します。

 

この方法、実はデメリットもあります

 

1つ目

文字を見て繰り返すより時間がかかる

2つ目

正直、面倒くさいです

3つ目

思い返せないとイライラします

 

しかし、自分の頭の中で過去の記憶やイメージを関連付けながら暗記できるメリットの方が魅力的なので続けられています。

 

一人で何も見ずに思い出せないなら、人との会話中には、思い出せませんし、使えません。文字を目で追いながら頑張って覚えようとしていた頃より、何も見ずに思い出す練習をした方が会話でアウトプットしやすくなりました^^

 

最後に

 

この動画の中で一番印象に残った言葉は
「暗記をなめないこと」

クイズ王がおっしゃる言葉、やはり説得力がありますね!

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます

o0352008213935189779 2.jpg

私のブログの読者様が無料体験レッスン後、2週間内に入会されますと
入会金が無料になりますので、是非お試しください

ポチッと投票お願いします
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

 

広告